コロナウィルスワクチン調整業務見学

大阪市急性期総合医療センターでのコロナウィルスワクチン調整業務の見学をさせていただきました。

コロナウィルス患者さんの受け入れをされている医療機関の職員が今は優先的にワクチン接種を受けています。

早い方で2回目の接種もされているようで、お話を聞くと一度目より二度目に副反応が出ることが多いようです。

副反応としては倦怠感や熱発があるようですが、重度な症例は病院では今のところ出ていないとのことでした。

全国的にはどうかわかりませんが、情報があまりなく正確なお知らせはできない状態です。

病院スタッフの本日午前中に接種する分の調整を見学させていただき、勉強させて頂きました。

5月中旬から高齢者に対してのワクチン接種が予定されており、調剤薬局の薬剤師にも協力依頼が来ています。

住之江区のデータボックス薬局、住吉区のバイアル調剤薬局では、協力するつもりで調整業務の見学をさせて頂きました。

1日でも早くワクチンも打つことが出来、日常でもマスクを外して笑える日が来ることを願います。

前の記事

学校薬剤師業務